google-site-verification: googlebb15963182f888e7.html QLOOKアクセス解析

2016年11月05日

「自身がもつ回復力を引き出し、肌本来の働きを取戻す」エイジングケア成分のナールスゲン

DSCN1859.JPG
ナールスシリーズお試しさせていただいています。
体調があまりよくなくて久しぶりの記事となってしまいました。

他社製品の、ナールスゲンが配合された洗顔を使っていたのですが、これがすごーく良くって^^
ナールスゲンってすごいかも!と興味を持ったときに、ちょうど運よくお試しさせていただくことができたので、順番にレビューしていきたいと思います。その前に、ナールスゲンについて少し。

ナールスゲンの誕生


ナールスゲンとは、京都大学と大阪市立大学で共同開発されたエイジングケア化粧品成分。
なのですが、これはエイジングケア成分開発を目的に研究していたのではなく、肝機能を調べる研究をしていて誕生したいわば「副産物」的な成分なんだそう。

ナールスゲンという成分は、人の皮膚の線維芽細胞でコラーゲンを増やす働きがあることが研究の末わかり、これはエイジングケアに有効ではないかということで、本格的に開発が進んだそうです。

ナールスゲンとは??


線維芽細胞に着目し、「肌自身がもつ自然の回復力を引き出し、肌本来の働きを取り戻す」という今までにない全く新しいエイジングケア成分。シンプル処方で敏感肌の方でも使えるエイジングケア。

ナールスゲンは、肌自ら、肌を生成するタンパク質であるコラーゲンやエラスチン、HSP(ヒートショックプロテイン)47を作り出すようにサポートしてくれます!!
※HSP47(ヒートショックプロテイン)とは・・・傷んだ細胞を修復し、細胞を活性化することでエイジングケア効果や身体の回復力を高める効果があるというもの。

☆コラーゲン・・・肌の弾力を保つ
☆エラスチン・・・コラーゲンをしっかり束ねる
☆HSP47・・・コラーゲンを正しい構造に導く
これら3つの働きを同時にサポートすることができるのは、ナールスゲンだけなんだそう。

コラーゲン入りやコラーゲン配合などにはめっきり弱い私ですが、実は、食べたり塗ったりしても、その分コラーゲンが増えるわけではないんですよね〜。アメリカでは、コラーゲンサプリなどは人気がないんだそう。
DSCN1861.JPG これはナールスゲンの構造式。
DSCN1862.JPG
見にくいですが、それぞれのパッケージにも構造式がはいっています。シンプルで好みのパッケージです。

科学的根拠のある「 ナールスゲン 」なら、コラーゲンやエラスチンHSP47を増加することができるので、お肌のハリ弾力を取り戻すことが期待できる成分なのです。

ナールスゲンは、低分子化されたコラーゲンよりもさらに小さい分子サイズで、およそ1/10なんだそう。
分子が小さいので、ナールスシリーズはどれも浸透がよくて、肌表面はサラッとしているのに十分潤っている感じが特に気に入りました。

治療の影響や術後というのもあったり、体調が悪かったりでお肌がボロボロの一歩手前くらいにまでなってしまっていましたが、ナールスシリーズを使い出して2〜3日くらいから乾燥が少し和らいで、1週間くらいでかゆみやトラブルもだんだんと落ち着いてきて潤いも感じられるようになってきました。
今は、ハリや弾力も少しずつ戻ってきたような。

そして、お肌の状態が整ってきたのかお化粧のりがよくなった気がします。
目元や口元の気になるところが目立たなくなってくれると嬉しいなぁ。と思いながら、お手入れしています。
2ヶ月使って効果が感じられたという方が多いようなので、楽しみにしています。


エイジンングケア化粧品公式サイト【ナールスコム】







posted by ☆あすか☆ at 23:37| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ナールス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。